様々なところで活躍“LPガス”

業務用

LPガスは、飲食店や旅館、病院や学校などの大規模な業務用施設において重要なエネルギー源として幅広く利用されており、その需要量は年間約230万トンにのぼっています。用途としては、厨房用、給湯用の他に、GHP(ガスヒートポンプ)を利用した空調用にも使われています。
 
特に、2008年7月に開催された北海道洞爺湖サミットの会場となったホテルでは、環境保護の観点からLPガスが全面的に導入されるなど、環境問題への対応という面でも高い評価を受けています。
北海道洞爺湖サミットの会場となった「ザ・ウィンザーホテル洞爺」。館内の冷暖房、プール、浴槽加熱、厨房でLPガスを利用。
温泉施設の源泉加熱ボイラー
レストランの厨房
コインランドリー

産業用

産業用の利用としては、主に金属、非鉄金属加工の際の加熱用や、様々な部材や食品の乾燥用に使われています。また農業用として、栽培施設での炭酸ガス供給や加温用、やや珍しいところでは鳥獣害被害の防止用にも使われています。
 
その他、都市ガスや、エチレン・プロピレンなどの化学製品の原料用として、また発電所での熱源としても利用されています。
食品加工
窯業(乾燥用)
酒の分析
施設園芸栽培装置
(栽培施設内に炭酸ガスを供給)
[食品加工用]●かまぼこ、ちくわ、魚干物などの水産加工品 ●ハム、ベーコンなどの燻製 ●せんべい、あられ、パン、菓子、ビスケット、モナカ、アイスコーンの焙焼 ●そば、うどん、製麺の乾燥 ●酒の分析等
[繊維加工用]●繊維加工用の繊維、染色整理工程での毛焼 ●染色樹脂加工の予備乾燥、熱処理、幅出し、風合い ●仕上げ加工等
[塗装乾燥用]●金属塗装乾燥 ●ブリキ印刷の焼き付け塗装 ●木工塗装乾燥等
[樹脂加工用]●ポリエチレン、フェノール、エポキシ、フッ素などの樹脂コーティング等
[紙器印刷業用]●印刷紙乾燥、セロハン乾燥の工程等
[窯業用]●ガラスの溶解、成型加工、徐冷 ●陶磁器の焼成 ●燻し瓦の焼成 ●ファインセラミックスの加熱・切断・焼成等
[非鉄金属加工用]●非鉄金属(アルミニウム、亜鉛、銅等)の溶解 ●鋳鉄の加熱 ●シェルモード等
[鉄加工用]●繊鉄加工用切断 ●鋼材加熱 ●鍛造加熱等
[農林水産業用]●葉タバコの乾燥・茶葉の乾燥・穀物の乾燥・椎茸の乾燥 ●ハウス栽培の暖房機用・炭酸ガス発生機用 ●水耕栽培・CA貯蔵・育雛・養豚 ●合板の乾燥 ●コンブの乾燥・ワカメの乾燥・海苔の乾燥等
[LPG車用]●タクシー、生協や宅配等の配送車、塵芥車等低公害トラックの燃料 ●フォークリフトの燃料

その他の用途

LPガスは家庭用・業務用・工業用での利用の他にも、様々な用途に利用されています。これらはいずれも「持ち運びが容易」「熱量が高い」「排気がクリーン」などのLPガスの特長を活かしたもので、現在も多種多様な機器が開発されており、その可能性はさらに広がっています。
聖火
熱気球の内部
ガス灯
屋外用ガスバーベキューグリル
ガーデンバーナー
屋外用ガスストーブ
(パラソルヒーター)
出典:日本LPガス団体協議会